初期白樺派文学集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

初期白樺派文学集

明治文学全集

本多秋五



武者小路実篤

 荒野

 潔の日記

 『おめでたき人』附録

 「自己の為」及び其他について

 插画に就てより

 六号雑感より

志賀直哉

 有島壬生馬兄足下

 濁った頭

 モデルの不服

 日記より


正親町公和

 萬屋


木下利玄

 お京

 女の人

 山遊び

 山の宿

 短歌


有島武郎

 西方古伝

 二つの道

 も一度「二の道」に就て

 観想録第12巻より


有島生馬

 画家ポール、セザンヌ

 ボーヂュの森林

 獣人


里見弴

 手紙

 君と私と


園池公致

 鏡

 遁走

 驢馬


日下諗

 給仕の室


長与善郎

 亡き姉に

 兎

 改名のこと


柳宗悦

 革命の画家


郡虎彦

 松山一家

 夜潮のどよみ

 製作について

 鉄輪(改作)

 『白樺』創刊の辞

 『白樺』6号記事より


新進作家論(赤木桁平)

自然主義前派の跳梁(生田長江)

最近思潮の一逆転(生田長江)

所謂「自然主義前派」に就て(赤木桁平)

既に一転機、到れり(和辻哲郎)

偏頗と党派心(和辻哲郎)


解題(本多秋五)

年譜(紅野敏郎編)

参考文献(紅野敏郎編)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。