初心假名遣

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

初心假名遣

初心假名遣 語學書 一卷

著者】未詳

【刊行】元禄四年八月

【内容】假名で書く時、假名遣の誤りなからしめんため作つたもので、天地・時節・家屋・國名・所名・神祇・釋教等三十二門に分けて、假名の誤り易い語を擧げ、語毎に誤れる假名と正しき綴名と漢字とを示してある。その假名遣は主として定家假名遣(假名遣參照)に基づいた。なほ卷末に定家假名遣に二様に書いた假名(「をなじ[うなじとも]項」の類)、同語で場合に依つて假名を異にするもの(「をやこ親子、おやの時はお也」の類)、并に「一歩」(別項)に依つて定家假名遣を正したもの(おいて、負。是誤也。負の字はおふ、おひ、おへと通ふ故ひの假名也」の類)。及び五十音圖等を擧げげてゐる。   〔龜田〕

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/50351415.html

初心假名遣 一巻一冊

 著書はわからない。元祿四年刊。「定家假名遣」を基礎として天地・時節・家屋・國名・所名・神祇・釋教等三十二門に分け、誤れる假名、正しき假名漢字と三段に組んで語を列擧してゐるもので、「定家假名遣」を幾分増訂した程度のものである。

亀田次郎国語学書目解題」)

しよしんかなづかひ

   初心假名遣 一巻

 定家かなつかひによりて、天地、時節等の三十二門を分ち、正しとするもの、誤れりとするもの、及び漢字等を列擧したるものなり。尚定家かなづかひ用法、誤謬等をも掲げたり。元祿四年辛未〔二三五一〕の作。同年出版す。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/s2/kokusyo_si185.html

岩波日本古典文学大辞典 遠藤和夫

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。