円満字二郎『人名用漢字の戦後史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

円満字二郎『人名用漢字の戦後史』

円満字二郎人名用漢字の 戦後史』岩波新書

2005.7.20

まえがき

序章 すべての始まり 1

 1 戸籍法の改正 2

 2 漢字制限国語政策 8

 3 事件への序曲 16

第一章 人名用漢字の誕生

 1 蓄積された不満 24

 2 事件は国会へ 34

 3 国語審議会、乗り出す 47

 4 国語審議会、怒る 61

 5 反撃する国語審議会 72

 6 語られざる一幕 84

第二章 時代の分水嶺で 93

 1 そして、二〇年余りが過ぎた 94

 2 法務省、重い腰を上げる 104

 3 国語審議会と法務省の対立 112

 4 国語審議会との訣別 126

 5 戸籍実務家たちの戦い 140

第三章 唯一無二性の波 157

 1 国会での持久戦 

 2 法務省、奮闘す 

 3 沖縄からの訴え 

終章 曲がり角の向こうへ 197

 1 そして、二〇〇四年 

 2 広がりゆく地平線 

資料人名用漢字見直し案 

主要参考文献 221

あとがき 223

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。