假名遣

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

假名遣

仮名遣い


書名

かなづかひ

   假名遣   寫本 一巻  藤原基輔

 行阿の「假名文字遣」の説に基きて、假名遣を説けるもの。別名に、能書方假名遣?、持明院假名遣?等あり。寳永三年丙戌〔二三六六〕の著なり。

藤原基輔正徳四年甲午〔二三七四〕六月五日薨ず、年五十七。持明院と號す。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/k1/kokusyo_ka073.html

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/hoi/kaidai_hoi007.html

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。