假名の研究

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

假名の研究

假名の研究 一冊

 大矢透著。大正十五年刊。著者は二十餘年に渉って假名の研究に没頭し、その成果は「假名源流考」「音圖及手習詞歌考」「韻鏡考」「周代古音考」等となって發表されたが、本書はこれ等諸研究の要點を摘記したのであって(一)假名には周代の古音と一致するものある事(二)延喜以前は國語構成音は四十八でア行のエ(衣)とヤ行のエ(延)は區別せられてゐた事(三)漢字音韻?の研究に依って漢呉音ではサ行音たる「川」「止」が假名ではタ行音に用ゐられる事(四)伊呂波空海の作でない事(五)反切は魏の孫炎?に初まったものでない事などを述べてゐる。菊版四十頁餘の小冊子であるが、著者の假名に關する研究をこゝに體系づけたものと言ひ得る。

亀田次郎国語学書目解題」)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。