倭片假字反切義解

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

倭片假字反切義解

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/y1/kokusyo_ya026.html

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/ya/kaidai_ya016.html

倭片假字反切義解 一巻一冊

 應永の頃藤原長親の作れるもので伊勢神宮?林崎文庫藏勤思堂本(寫本)群書類從本等がある。。假名は天平勝寶年中に吉備真備が作ったものであると云って假名の起源を説き、又その沿革、假名字源等について説いてゐるものであって、この方面の研究書として最古のものである。説く所極めて簡明で徳川時代に於ける假名の起源沿革の研究、音韻的研究に非常な影響を與へてゐる。

亀田次郎国語学書目解題」)

f:id:kuzan:20100716223327g:image

http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/ho02/ho02_04340/index.html

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。