保科孝一

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

保科孝一

ほしなこういち

保科孝一『ある国語学者の回想』朝日新聞*

昭和27年10月10日第1刷発行

には、次のようにあり。

 明治5年9月20日山形県米沢市に生る。一高を経て明治30年東京大学文科大学卒。文科大学助手、助教授から35年東京高等師範学校教授となり文科大学助教授を兼ねる。昭和4年東京文理科大学教授に専任するため東大教授を辞す。昭和15年3月停年制により文理大を退き名誉教授となる。国語調査?の仕事は明治31年文部省嘱託、35年国語調査委員会補助委員となり、爾来文部省における国語調査の事業を担任し、本年3月退官するまで54年間国語改良運動に尽した。その間大正2年より文部省普通学務局国語調査主任、10年臨時国語調査会委員兼幹事、昭和9年国語審議会委員兼幹事長を歴任。現在国語審議会委員。

1955.07.02。

* はてなダイアリーキーワード:保科孝一

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。