作用性用言反撥の法則

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

作用性用言反撥の法則

石垣謙二「作用性用言反撥の法則」

石垣謙二『助詞の歴史的研究』岩波書店

第一則

 國語に於ける總ての活用語は、終止形がイの韻に終るものとウの韻に終るものとの二種に分れる、而してこの二種に限る。前者を形状性用言後者を作用性用言命名すれば、形状性用言は事物の形状を表し、作用性用言は事物の作用を表す。


第二則

 すべての名詞句は、事物の屬性を作用的な相に於て述定するものと、事物の屬性を形状的な相に於て裝定するものとの二種に分れる、而して此の二種に限る。前者を作用性名詞句、後者を形状性名詞句命名すれば、作用性名詞句用言は如何なる用言をも探り得るが、形状性名詞句用言は必ず形状性用言に限る。但し形状性名詞句にして而も作用性用言を有するものは、必ず複文の主部となり其の複文述語が必ず形状性用言である。


第三則

 名詞句を主部とする總ての複文は、主部の屬性を作用的な相に於て陳述するものと、主部の屬性を形状的な相に於て判定するものとの二種に分れる、而して此の二種に限る。前者を作用性複文、後者を形状性複文命名すれば、作用性複文形状性名詞句を主部とし且如何なる用言をも述語として採り得る。之に對して形状性複文作用性名詞句を主部とし且形状性用言のみを述語とする。


第四則

 名詞句を主部とする總ての複文に於て、名詞句用言複文用言か少くも何れか一方は必ず形状性用言である。名詞句用言複文用言も共に作用性用言なる事は原則として絶對に存在しない。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。