佐藤喜代治『国語語彙の歴史的研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

佐藤喜代治『国語語彙の歴史的研究』

佐藤喜代治

昭和四十六年十一月十五日

明治書院


1971


http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocDetail?txt_docid=NCID%3ABN03516435


 I

語彙史の問題

語彙研究の展望と今後の方向


 II

固有国語語彙の特色

漢字国語

服曽比猟

「服曽比猟」補正

東北方言雑考

新撰字鏡」の本文について


 III

江・講・絳韻所属漢字の字音かなつかひ

イウからユウへの転化の問題

漢語雑考

「学生」「学匠」並びに「諱生」

中世の漢語についての一考察

近世における漢語の語形変化


 IV

頼山陽の書簡に見える漢語について

「三兵答古知幾」の漢語

橋本左内書簡に見える漢語について

吉田松陰書簡に見える漢語について

漢語の源流――「万法精理」の訳語について(一)

「万法精理」の訳語について(二)

「万法精理」の訳語について(三)

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。