佐藤亨『近世語彙の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

佐藤亨『近世語彙の研究』

佐藤亨 桜楓社

http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocDetail?txt_docid=NCID%3ABN00496386

1983

1 序説

 第一章 近世語彙研究の課題

          中国洋学書語彙との関連を中心に

  一 近世漢語研究の概況

  二 中国洋学書蘭学

  三 「西儒」とその主要著(訳)書

  四 中国洋学書の種類とその範囲

  五 中国洋学書語彙国語語彙との関連

  六 まとめ

 第二章 訳語研究の一視点

          再び「病院」の成立をめぐって       

  一 はじめに

  二 「病院」なる語の出自

  三 中国後期洋学書用例

  四 わが国における用例

  五 明治初期用例

  六 まとめ


II 中国初期洋学書語彙国語語彙

 第三章 『職方外紀』の語彙(一)

  一 はじめに

  二 『職方外紀』について

  三 『職方外紀』の語彙国語語彙(一)

  四 『職方外紀』の語彙国語語彙(二)

  五 『職方外紀』の語彙国語語彙(三)

  六 おわりに

 第四章 『職方外紀』の語彙(二)

  一 はじめに

  二  『職方外紀』の訳語国語語彙(一)

  三  『職方外紀』の訳語国語語彙(二)

  四 おわりに

 第五章 『西方要紀』の語彙

  一 はじめに

  二  『西方要紀』について

  三  『西方要紀』の語彙

  四 『西方要紀』の語彙国語語彙(一)

  五 『西方要紀』の語彙国語語彙(二)

  六 『西方要紀』の訳語国語語彙

  七 おわりに  '

 第六章 『西学凡』の語彙

  一 はじめに

  二 『西学凡』について

  三 『西学凡』の語彙(一)

  四 『西学凡』の語彙(二)

  五 『西学凡』の訳語

  六 『西学凡』の語彙近世近代の国語語彙

  七 まとめ

 第七章 『坤輿図説』の語彙

  一 『坤輿図説』について

  二 『坤輿図説』の語彙

  三 『坤輿図説』の語彙近世国語語彙

  四 『坤輿図説』の語彙近世末・近代の国語語彙

  五 『坤輿図説』の訳語

  六 まとめ


III 近世科学書の語彙

 第八章 『和蘭天説』の漢語

  一 はじめに

  二 『和蘭天説』の漢語

  三 近世および近代に用いられた漢語

  四 中国初期洋学書に用いられている漢語

  五 『和蘭天説』の造出語

  六 まとめ

 第九章 『訂正増訳/采覧異言』の漢語

  一 『訂正増訳/采覧異言』について

  二 『訂正増訳/采覧異言』の漢語

  三 『訂正増訳/采覧異言』以後、主に蘭学資料に用いられた語

  四 主に中国初期洋学書に用いられた語

  五 『訂正増訳/采覧異言』以前に用例のある語

  六 おわりに

 第十章 『輿地誌略』の訳語

  一 『輿地誌略』について

  二 『輿地誌略』の漢語

  三 本邦に用例のある漢語

  四 漢籍に典拠ある漢語

  五 『輿地誌略』以後に用例のある漢語

  六 中国初期洋学書および蘭学資料用例のある漢語

  七 まとめ


IV 近世の語彙

 第十一章 『醒睡笑』の語彙

  一 仮名草子について

  二 親族呼称等に関する語彙

  三 人間に関する語彙

  四 食物・食具に関する語彙

  五 副詞

  六 漢語

  七 和語

  八 むすび

 第十二章 近世漢語についての一考察

  一 はじめに

  二 資料について

  三 用例について

  四 語の素性

  五 語の性格の検討(一)

  六 語の性格の検討(二)

  七 おわりに

 第十三章 国語資料としての『玄冶薬方口解

  一 はじめに

  二  『玄冶薬方口解』について

  三  『玄冶薬方口解』の文末形式

  四  『玄冶薬方口解』の語彙

 第十四章「泣く」の副詞表現とその歴史

  一 はじめに

  二 平安時代の「泣く

  三 鎌倉時代の「泣く

  四 室町時代の「泣く

  五 江戸時代の「泣く

  六 おわりに


あとがき

 事項索引

 語彙索引


 第一章 近世語彙研究の課題――中国洋学書語彙との関連を中心に―― 書き下ろし

 第二章 訳語研究の一視点――再び「病院」の成立をめぐって――(訳語研究の一視点――「病院」の成立をめぐって――)『文芸研究』第百集 昭和五十七年五月

 第三章 『職方外紀』の語彙(一)(『職方外紀』の語彙の考察――わが国近代漢語との関連を中心に――)新潟大学人文科学研究』第五十八輯 昭和五十五年十二月

 第四章 『職方外紀』の語彙(二)(『職方外紀』の語彙とわが国近代漢語との関連について)『文芸研究』第九十五集 昭和五十五年九月

 第五章 『西方要紀』の語彙(中国初期洋学書語彙とわが国近代漢語との関連について――『西方要紀』を中心に――)新潟大学人文科学研究』第五十九輯 昭和五十六年七月

 第六章 『西学凡』の語彙(『西学凡』の語彙の研究――わが国近代漢語との関連――)新潟大学国文学会誌』第二十五号 昭和五十七年二月

 第七章 『坤輿図説』の語彙 書き下ろし

 第八章 『和蘭天説』の漢語 書き下ろし

 第九章 『采覧異言』の漢語 書き下ろし

 第十章 『輿地誌略』の訳語 書き下ろし

 第十一章 『醒睡笑』の語彙(仮名草子語彙――『醒睡笑』を中心に――)講座日本語の語彙5『近世の語彙昭和五十七年六月

 第十二章 近世漢語についての一考察『国語語彙史の研究』一 昭和五十五年五月

 第十三章 国語資料としての『玄冶薬方口解新潟大学国文学会誌』第二十三号 昭和五十五年二月

 第十四章 「泣く」の副詞表現とその歴史 新潟大学国文学会誌』第二十四号 昭和五十六年二月
























書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。