佐佐木信綱・金子薫園・尾上柴舟・太田水穂・窪田空穂・若山牧水集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

佐佐木信綱・金子薫園・尾上柴舟・太田水穂・窪田空穂・若山牧水集

明治文学全集

山崎敏夫

佐佐木信綱

 征清歌集より

 思草

 遊清吟藻

 新月

 われらの希望と疑問

 恋歌につきて

 又の志をり


金子薫園

 かたわれ月

 叙景詩より

 小詩国

 伶人より

 わがおもい

 覚めたる歌

 山河


尾上柴舟

 ハイネノ詩

 叙景詩より

 銀鈴

 静夜

 永日

 日記の端より

 予が半生の歌人経歴

 短歌滅亡私論

 「短歌滅亡私論」を書いた頃


太田水穂

 つゆ艸

 山上湖上より

 続山上篇

 新歌壇私見

 疑問の解決と個性の質量

 短歌滅亡論より


窪田空穂

 まひる野

 明暗より

 空穂歌集(抄)

 濁れる川(抄)

 昔の早稲田


若山牧水

 別離

 路上

 死か芸術か

 旅とふる郷(抄)


思草をよみて(ビイ・エッチ・チェンバレイン)

歌人信綱先生(五島茂)

金子薫園の歌(山崎敏夫)

尾上柴舟「銀鈴」(小泉苳三)

「続山上篇」の性格(久徳高文)

「まひる野」と空穂の出発(川口常孝)

若山牧水(中島健蔵)



解題(山崎敏夫)

年譜(山崎敏夫編)

参考文献(山崎敏夫編)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。