佐伯梅友博士古稀記念国語学論集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

佐伯梅友博士古稀記念国語学論集

表現

1969


東大寺諷誦文稿の一用字「約」の訓み方について(中田祝夫)

提示語法について(大坪併治)

日本書紀古訓と漢籍の古訓読(小林芳規)

吾妻鏡の「之(シ)」字を「の」「が」とずること(青木孝)

「秉燭に及びて」小考(峰岸明)

古今和歌集仮名序の「六つのさま」(竹岡正夫)

古典解釈存疑(青島徹)

平安女流文学注解二題(根来司)

こいしくおもひまいらせ給ふと也(こまつひでお)

源氏物語名詞語彙の構造(伊牟田経久)

平安時代和文の用言的接尾語(関一雄)

寝覚物語地の文における尊敬表現について(小松登美)

「讃岐典侍日記」における敬語(石井文夫)

国語史上よりみたる「讃岐典侍日記」の用語について(森野宗明)

「まゐる」と「まゐらす」の敬語性(中西宇一)

「侍り」と「候ふ」の分布より見た「法華修法一百座聞書抄」の文体(春日和男)

「べし」「らし」「らむ」「けむ」について(阪倉篤義)

係り結びとは(桑田明)

「連体なり」とその上接句との構文的関係(大木正義)

「平安かなづかい」について(馬淵和夫)

条件句を作る「ウニハ」をめぐって(外山映次)

抄物に見える動詞の活用をめぐって(永山勇)

抄物におけるラ行四段活用動詞音便形について(出雲朝子)

「見ゅう」と「見ょう」の交替(福島邦道)

易林本節用集の「イ」「ヰ」、「ヲ」「オ」、「エ」「ヱ」部成立と「仮名文字遣」(根上剛士)

江戸語の「だ」の一用法(土屋信一)

「貴様」(会話文)の敬語表現(小島俊夫)

敬語の構文論的考察(北原保雄)

近代東京語の当為表現(田中章夫)

近代語における既然態の表現について(野村雅昭)

東京人の標準語使用(大石初太郎)


佐伯梅友博士年譜

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。