以呂波聲母傳

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

以呂波聲母傳

いろはせいぽでん

  以呂波聲母傳 寫本 一巻 多田義俊

 いろは四十七文字に悉く聲音の根源なる由を論じたるものなり。以は息にかゝるなりといふが如く、種々詞の出所などを論じたり。更にいろは訓義等に就て同人の著したる「いろは訓義」あり。前に解題す。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/i/kokusyo_i091.html

  多田義俊撰  寫本

この書は、語源を説きたるものにて、イロハ四十七字をあげて、字毎に音義をしるせり、其説にいはく、




これにて、おほよそ其大體をうかゞふベし、

卷首に假名文字の由來をのべて、片假名吉備公の作とし、平假名弘法の撰べる

ものゝよしにいへり、又いはく、


音配傳の事は別にあげおけり、奥書にいはく、

以呂波声母傳者 官家芝山宰相廣豊卿極秘之口傳也 日本古今記録以是考合為初学之定所也 甚雖為秘事因門人小林氏強請 不能固辞筆授之 漫不許他見矣 于時延享三年九月下旬 多田兵部源義俊

按するに、同文通考卷三にも、此書を「官家芝山宰相殿秘本也」といへり、日本聲母傳と其説はほゞ同じけれど、彼の書には、「三坂友之進勝有」といふ人より傳へたるよしいひ、こゝには芝山家の口傳といひ、其由來を、ことにせるは何故か詳ならす、

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/a/kaidai_a035.html


芝山広豊

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。