今井直一『書物と活字』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

今井直一『書物と活字』

今井直一

書物活字

印刷学会

昭和24年4月  初版 ASIN:B000JB8LQU

昭和35年10月 再版

昭和41年10月 限定版

昭和45年7月 普及版


はしがき


第一章 書物の発逹

 あけぼの

 文字配列

 西洋における変遷

 東洋における変遷

 活版のはじめ

 東洋印刷


第二章 活字書体ものがたり

 欧文

 和文


第三章 読む科学*1

 読むはたらき

 視力と視角

 読書の距離と活字の大きさ

 子供の視力

 老人の視力

 読書のしかた

 読書の早さ

 目の疲労

 縱書きと横書き


第四章  欧文の書体

 欧文基本書体の比較

 ローマン体の特色

 コンデンスドとエキスパンデッド

 相似点と相違点

 眼の錯覚


第五章 和文活字の読みやすさ

 和文書体の比較

 おちつきと親しみ

 文字のつながり

 アクセントと個性

 画線の太さと線の間隔

 黒さとかたより

 錯覚とイレディエイション


第六章  活字の縮小と拡大

 大型活字と小型活字の相違

 縮小と拡大

 縮刷製版について*2


第七章 印刷適性と効果

 読む限界

 紙の質と活字

 紙の色と印刷インキ


裝幀 原弘

*1:旧版では「読むかがく」。新版でも柱は「読むかがく」

*2初版では「縮册」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。