井上史雄『敬語はこわくない』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

井上史雄『敬語はこわくない』

井上史雄

―最新用例と基礎知識

まえがき


第1章 ことば殺人事件

 命に関わる敬語

 デスマス体か「タメグチ」か

 世論調査にみる敬語の重要さ

 人の振り見て我が振り直せ

 たかがことば、されどことば


第2章 「お」が増えている

 「お」と性差

 「お」のジョーク

 「お」の歴史

 「お」の付け方の三種類

 「お」「ご」と和語漢語外来語

 形容詞熟語などに付く「お」

 「お」の文法的例外性

 拡大する「お」


第3章 敬語は擦リ減る

 敬意低減の法則

 二人称代名詞敬意低減

 「ぼく」は失礼か

 呼称の敬意低減

 「あげる」の拡大

 「くう↓たべる↓いただく」

 二重敬語敬意低減「お(ご)~になられる」

 二重敬語敬意低減「お(ご)~される」

 ことばのインフレ


第4章  -敬語の民主化

 敬語は社会を映し出す

 目上か目下か

 目上への敬語の意識

 現代敬語の使い方の基準

 敬語の平等化

 「~くん」と民主化

 「~さん」で呼ぶ会社

 人称誤解する恐れ


第5章 デスマス体からゴザイマス体

 デスマス体成立の前史

 「形容詞+デス」の普及

 「動詞+デス」の進出

 「なるほどですね」の出現

 男も使う「でしょ」

 デスマス体の進出

 「~てございます」の復興

「~のお宅でいらっしゃいますか」


第6章 謙譲語尊敬用法

 謙譲語尊敬語混同

 「いただく」の尊敬用法

 「うかがう」の尊敬用法

 「お~する」「お~してください」

 「お(ご)~できます」の尊敬用法

 「申される」「おられる」の尊敬用法

 「おりましたら」の尊敬用法


第7章 謙譲語を使いこなすために

 謙譲語丁寧語

 使われない謙譲語

 謙譲語が衰える原因


第8章 聞き手への配慮を優先 145

 謙譲語「はは」の習得

 身内への敬語

 第三者への敬語

 聞き手への配慮を優先


第9章 「~せていただく」の進出 159

 「~せていただく」の用法拡大

 使役・命令・依頼表現と「~せていただく」

 「~せていただく」の文脈的使い分け

 「~さしていただく」にみる西日本の影響

 「さ入れ」

 左右敬語時代

 現代敬語の潮流

 丁寧語


第10章 敬語の連続体 179

 敬語の典型 

 尊敬語謙譲語

 敬語の周囲

 待遇表現

 敬語の周辺 

 談話と情報の共有

 ポライトネス


第11章 社会の中の敬語 193

 敬語の論理 

 誤用と正しさ

 「とんでもございません」は誤用

 敬語の基本機能 心理的距離の表示

 敬語教養のバロメーター

 敬語の習得

 使い分けと寛容さが必要

参考交献 

あとがき 

索引 

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。