井上ひさし「四千万歩の男」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

井上ひさし「四千万歩の男」

井上ひさし

伊能忠敬


文庫1

p.308

「ええが、お捨、国がちがえば言葉も訛もがらっとちがってくる。おれは若い頃、京さも大坂さも江戸さも行った。陸奥もひとまわりまわって来た。けんどそん時、おれは言葉で苦労は少しもしねがったもんだ。なして(なぜ)か。始中終どげな時でもはっきりと喋ったからだ。ええか、はっきりと喋って居れば柏崎弁でも通じるもんだぞ。そうして居る内に自然にその土地の言葉が身に着えで来る。お前になんの餞別も呉でやれねえが、ま、これがおれの餞別だな」



文庫3

pp.121-122

「この箱館

では、住人の半分が江戸弁で用を足す。蝦夷地経営の総元締ともいうべき蝦夷掛役所があるのだから江戸弁の勢力の強いのは当然だろう。役所の役人はすべて江戸から来ているのだ。残る半分は、津軽言葉、南部訛、上方弁とに三分される。」


p.287

江戸言葉はそういう洒落本黄表紙をそらで言えるほどよく読んでいるうちに、自然に身についたようです。」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。