五十音小説

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

五十音小説

橘守部

ごじふおんせうせつ

   五十音小説 一帖  橘守部

 五十連音の由來、いろは假名の様、五音十行の等次、音韻略圖、開ロの事。反切延音等より始めて、體言用言助辭用法係結法等を詳説したるものなり。仁孝天皇天保十三年壬寅〔二五〇二〕二月出版せり。

橘守部の傳は『稜威道別』の下にあり。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/k5/kokusyo_ko066.html

五十音小説 語学書一巻

著者橘守部

【刊行】著者の女浜の天保十三年二月の跋がある。その頃の刊行であらう。

諸本橘守部全集巻十二所収。

【内容】五十音図を基として国語の組織を説いたもので、先づ五十音図は誰の作などと云ふべきものでない。天地・自然の音は皆五十音の中に含まれてゐて、その排列、即ち音図は自然に出来たものである。五十音図は語の延約活用等の基本になるものであるから、歌学に志す者はこの図を心得ねばならぬ。次に「いろは」は弘法大師の真筆から考へると、字は漢字から出たものではあるが、その形は漢字とは異つて声音と附合してゐる。帥ち「ア・ワ」の如く円体の音は、「あ・わ」と円く書き、「シ」の如く細長き音は「し」と細長く書く。かく声音の体を文字で現はしてゐるのは、世人は気がつかぬが、頗る微妙なことである。次に五十音の縦横の行は、凡て円く連つてゐる。あとおと対し、いとえと相対してゐる。あ行わ行と相隣り、か行あ行を助げ、ら行や行を助け、や行わ行を助け、さたなはまも亦各々助けてゐる。次に反切の事、延言の事を記し、次に五十音図の十行の大意及ぴ通音について記し、十行を概括して、「物にたとへて言はば、あ行は君王也。か行以下は侍臣也。やわの二行は棟梁の輔佐也。かくて其わ行は君の前駆して先に進み、其や行は後殿して蹤を押へ、ら行は徒隷の如くにして最後に従へる也。」次に活用について、かさたなはまらの七行について、行ごとに活用の段を五に分けて、「起・未定・既定・命令・休」とし、各段について説明してゐる。次に体用について記し、次に「詞活用格附助辞」の図を記してゐる。図は活用の段を五に分ち、「未然詞・続詞・絶詞・続詞・已然詞」とし、各段から受けるてにをはを図示してゐる。

【価値】本書の説くところ、五十音図成立、組織。伊呂波字体等についての説は殆ど取るに足らぬものである。又活用に就いての説は、本書より三十余年前に出た「詞八衢」(別項)等に比して甚しく劣るものである。従つて本書は語学書として、本質的価値に於て其殆ど見るに足るものが無い。ただ当時盛んであつた音義派の説を知るためには、少からず参考になるものである。   〔亀田〕

新潮社日本文学大辞典亀田次郎

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/25104313.html

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/ka/kaidai_ka117.html

五十音小説 一巻一冊

 天保の末頃橘守部著。橘守部全集所収。本書は五十音圖を基本として國語の組織を説いたものであるが、その説く所の五十音圖成立・組織・伊呂波字體等についての説は殆んど取るに足らぬものである。又活用についての説も本書より已に三十餘年も以前に出た「詞の八衢」に比して遥に劣るもので、語學書としての本質的價値は殆んど見るべきものなしと云ふべきである。只當時盛んであった音義派の所説を窺ふべきものとしては大に參考になるであらう。

亀田次郎国語学書目解題」)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。