久保忠夫『三十五のことばに関する七つの章』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

久保忠夫『三十五のことばに関する七つの章』

久保忠夫

『三十五のことばに関する七つの章』大修館書店

1992.4.10発行

ISBN:4469211710


第一章

玉山倒る

第二章

きんししゅ、琴詩酒

第三章

えんじむらさき、臙脂紫

やほじほ、八百潮

あいさん、愛餐

第四章

ゆきたたき、雪叩

ささめゆき

第五章

銀箭

すいびら、水片

ひょうとう、氷島

しろり

べうべう

ちょうちゅう、彫虫

やりおとがい、槍頤

しょうちょう、象徴

ひもすがら

第六章

涙の谷

第七章

はうに、はふに、はに

第二部

「屋上に屋を架する」……漱石の中のことば

「街樾〔木越〕(なみき)」の語をめぐって……鴎外と啄木

象徴」の語について

「妥結」の語について

「交流」の語について

「ささめゆき」と「さざめゆき」

「草いきり」と「草いきれ」

「花眼」と「眼花」

「地平線」と「水平線」

付・活字の大きさ

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。