中村桃子『〈性〉と日本語

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

中村桃子『〈性〉と日本語

中村桃子2007

『〈性〉と日本語 ことばがつくる女と男』

NHKブックス1096

2007(平成19)年10月30日 第1刷発行

“性”と日本語―ことばがつくる女と男 (NHKブックス)

“性”と日本語―ことばがつくる女と男 (NHKブックス)

はじめに

Ⅰ「わたし」はことばでつくられる

 第一章 ことばとアイデンティティ

  1 アイデンティティはどこから来るか

  2 非対称な「女ことば」と「男ことば」 

  3 言語資源が切り開く地平  

 第二章 「翻訳」のことばを読む  再生産される言語資源  

  1 翻訳がつくるアイデンティティ  

  2 新しい「男ことば」の登場1「です・ます」から「ス」へ 

  3 変わりゆく「親しさ」の表現  


Ⅱ 日本語に刻まれた〈性〉

 第三章 セクシュアリティと日本語  

  1  恋愛小説言語資源  

  2 異性愛はことばに宿る  

  3 〈男〉は中心、〈女〉は例外li異性愛から見た言語資源  

 第四章 変わりゆく異性愛のことば 「スパムメール」「スポーツ新聞」「恋愛小説

  1 スパムメールに刻まれた異性愛の構造

  2 男たちの共同体

  3 親しさを希求することばの格闘


Ⅲ 創造する言語行為

 第五章 なぜ少女は自分を「ぼく」と呼ぶのか  

  1   少女は言葉づかい規範を破りつづけてきた 

  2 新しい〈少女性〉の創造  

  3 押しつけられる自称詞  

  4 「言葉づかいへの批判」今昔  

  5 少女の「男ことば」に萌える男たち  

 第六章 欲望を創造する1消費社会と〈性〉 

  1  ファッション誌という共同体  

  2 女性誌と男性誌1「親しみ」の相違  

  3 新しい男性雑誌共同体  

 終章 「日本語=伝統」観の閉塞を超える

  1 日本語という不安  

  2 日本語をみがくために

  3 開かれた伝統にむけて


参考文献

あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。