中村保男『言葉は生きている

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

中村保男『言葉は生きている

中村保男

言葉は生きている―私の言語論ノート―』

聖文社

ASIN:B000J8LLSI

はしがき

第1章・差別語とは何か

 1 区別と差別

  簡便で印象的な比喩表現

  「分る」ということ

  差別語反対の風潮に反対する

 2 指示意味と含蓄

  言外の意味

  言葉は歴史である

  差別語をなくす方法

  複雑微妙な含み


第2章・散文と詩

 2 韻文翻訳可能

  狂歌と戯詩

  詞と辞

 3 詩の心と技

  詩の技法

  散文詩

 4 比喩さまざま

  隠喩表現の面白さ

  言葉はすべて比喩である


第3章・文体という"肉体"

 1 言文一致と文

  会話体と文章体

  口語文語

 2 文は人なり

  文章類型と規範

  文体と適語適所

 3 文体の演習.

  文は眼なり

  前半部の結論


第4章・レトリック

 1 修辞疑問

  疑問の形をとった断定

  濫用すると逆効果

 2 反語

  「おめでたい人」はめでたくない

  反対表現

  現実認識とアイロニー

 3 誇張表現

  「大昔」が「久しぶり」

  表現はすべて誇張なり

 4 沈黙はガラス?

  言葉言葉

  沈黙誇張

 5 倒置省略

  融通無碍な日本語

  頓絶法

  頭部省略

 6 反覆

  レトリックは自然

  逆説的な効果

 7 言葉遊び 洒落

  すり替えの妙技

  表現のコペルニクス的転換

 8 代換

  「東の水平線が太陽から離れる」

  「頬が涙で流れる」

  「可哀想な赤ん坊が泣く

 9 代替と逆喩

  「生きた」は「死んでいる」

  「利・馬鹿」オクシモロン

 10 逆説

  常識の襲をかく表現

  修辞は詩的

 11 換称

  土佐衛門は実在した

  「ちび伍長」ことナポレオン

 12 漸降

  頭でっかち、尻すぼみ

  本章の結論


第5章・言葉と論理

 1 三段論法と演繹論理

  「人間は豚である」?

  日常言語の非論理性

 2 ロジックとレトリッ

  誤った一般化

  ラスコリニフの非論理

 3 帰納論理

  論理の妥当性と真偽

  断定は鵜呑みにできない


第6章・言語と現実との距離

 1 個と普遍

  直観的普遍と抽象的普遍

  普遍論争

 2 抽象化の階段

  具体化の希薄化

  抽象語の危険性

 3 言葉の魔術

  言葉は現実そのものではない

  迷信の効用


結論

附・適語適所のすすめ

言葉の美醜

  適語適所ということ

  語願の"美しさ"

  内容と形式の同時訳出

  英文にも日本語語順がある

  「彼」の省略

  敬語活用

  流行語外来語卑語方言

  翻訳日本化にあらず

  新しい慣用の創造

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。