中島利一郎『卑語の起源』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

中島利一郎『卑語の起源』

中島利一郎

卑語の起源──日本性語志』

雄山閣

昭和42.6.25発行

https://app.box.com/s/taw0se89g4r0frfx41fd4c0a6190ye0w



中島利一郎『卑語考』と、ほぼ同内容。ページ構成も同じ。

色刷などはなし。

序 1

民族と性語 9

 叙説 11

 『記』・『紀』にあらはれた性語 22

 女の語源 27

 妻と嚊 34

 山の神とお神さん 38

 妻|覓《ま》ぐ 41

 妻問ふ 46

 夫婦《みと》、夫婦のまぐはひ 52

 「みとあたはす」といふ言葉 63

 女《め》、男《を》、陰陽《めを》、夫婦《めをと》 68

 妹、妋、妹背 75

 婚《くな》ぐ 82

 久美度《くみど》 85

 まながる、まなばしら 89

 娶る 94

 嫁ぐ 98

 嫁、嫁入 100

 呼ぶ、呼ばふ、夜這ひ 104

 姫遊び 111

 交はる 113

 盛る、交む 115

 番《つが》ふ 118

 為《す》る 120

 こなみ、うはなり 122

 いろ、戀人 127

 間男 129

 たはく、媱 131

 にゃけ 134

 巫山戯 138

 皮交 140

 しなだり、しなだりくぼ、ひなさき 143

 番登《ほと》、陰 146

 保保《ほほ》、嗛《ほぼ》、煩煩《ぼぼ》 151

 おめこ、おまんこ 154

 倍倍《べべ》 157

 久保 160

 通鼻 167

 曾曾《そそ》 171

 陰核 173

 貽貝増《いがひまし》 174

 障《さは》り、月経 176

 悪阻《つはり》 180

 孕《はら》む 181

 生む 185

 生《な》す 186

 ちんちん、ちんぽ 188

 篇乃古《へのこ》 199

 麻羅 202

 角のふくれ 208

 破前《はせ》、破勢《はせ》 210

 さ閇――塞神信仰 216

 亀頭《かりさき》 223

 松茸 225

 半割、二形 226

 けつ、尻 228

 後《うしろ》 235

 前《まへ》 237

 結論 240

 よろめき 242


睾丸の弁・黄金の弁 243

 睾丸の語源を尋ねて 245

 福州音から 249

 純国語から 252

 黄金の辯 256

 精《き》と黄《き》 258

 結び 260


ふんどし考 263

 踏通《ふみとほし》か、踏絆《ふもだし》か 265

 「ふんどし」と朝鮮語 270

 たふさぎ 272

 九州方言の「へこ」 281

 関東方言の「ててら」 283

 私の「ふんどし」失敗談と「河東獅子吼」 285

 湯巻 291

 性神小記 295

 「閇」と「さ閇」 297

 性神について 299

 塞神の本義は「さ閇の神」 304

 道祖神、幸神と塞神 306

 水城関と大伴旅人 309

 太宰府の遊行女婦 311

 民間信仰に於ける性神としての塞神 313

 塞神、道祖神即性神の合理性 315


索引 321

 索引目次*1 323

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。