中山久四郎「唐音十八考」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

中山久四郎「唐音十八考」

中山久四郎

唐音

東京文理科大学文科紀要」第三

狂言の中の唐音語

豊太閤扇面の唐音語

曾呂利の狂歌の中の唐音語

カルサンの唐音

欠と甲と羹の唐音

キャタツの唐音

センロッポン附ソボロの唐音

ペイロン(パイロン)の唐音

ミイラとメリンスの唐音

近松門左衛門唐音

竹田出雲唐音

頼山陽唐音

皆川淇園唐音

「新シキ音」の伝来

唐音琴譜

唐音唐人

唐音の拳の遊び

チャンコロ即中国人


結論一言、特に唐音伝播の功用につきて

http://uwazura.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-a173.html

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。