三浦つとむ『日本語はどういう言語か』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

三浦つとむ『日本語はどういう言語か』

三浦つとむ

昭和31.9.25

ミリオン・ブックス

f:id:kuzan:20100505154408j:image

第一部 言語とはどういうものか

 絵画・映画言語のありかたをくらべてみる

 言語の特徴──その一、非言語表現が伴っていること

 言語の特徴──その二、客体的表現と主体的表現が分離していること

第二部 日本語はどういう言語か

 日本語はどう研究されてきたか

 日本語の文法構造──その一、客体的表現にはどんな語が使われているか

 日本語の文法構造──その二、主体的表現にはどんな語が使われているか

 日本語の文法構造──その三、語と文と文章との関係

 言語と社会

あとがき

季節社

1971年3月15日

「季節社版のあとがき」あり。

三浦つとむ『認識と言語の理論』

三浦つとむ時枝誠記言語過程説」『文学1968.2

宮下真二「構造言語学の変形としての変形文法」(吉本隆明編集『試行』1970年31号)

箱に時枝誠記の推薦文

講談社学術文庫

昭和51年6月30日

刷によっては、「にほんご」とルビがあるものもあり。

 いま読者の手にしておられるのは、二十年前の本の改訂新版です。紙数をかなりふやしたにもかかわらず、文庫本のかたちで出るために、安い値段になったことをたいへんうれしく思っております。

第二部 日本語はどういう言語か

 第一章 日本語の特徴

  日本語膠着語である

  日本語のヨコ組みはなぜ読みにくいか

  目玉「理論」の二つのまちがい

 第二章 日本語はどう研究されてきたか

  明治までの日本語の研究

  明治以後の日本語の研究

  時枝誠記氏の「言語過程説

 第三章 日本語の文法構造――その一、 客体的表現にはどんな語が使われているか

  〈名詞〉のいろいろ

   a 対象のありかたとそのとらえかた

   b 〈抽象名詞〉あるいは〈形式名詞

  〈代名詞〉の認識構造

   a 〈代名詞〉における話し手の観念的な自己分裂

   b フランス人は「そこつ長屋」を実演する

   c 〈代名詞〉をめぐる諸問題

  〈動詞〉と〈形容詞〉、その交互関係

   活用ということについて

   〈抽象動詞〉あるいは〈形式動詞

   「ある」と「いる」の使いわけ

   〈抽象動詞〉の特殊な使いかた

   〈動詞〉と〈形容詞〉との関係

   〈動詞〉の〈接尾語

  〈形容動詞〉の正体

  〈副詞〉と〈陳述副詞>

   a 〈副詞〉の性格について

   b 〈情態副詞〉と〈程度副詞

   c 〈陳述副詞〉と陳述表現呼応

 第四章 日本語の文法構造-その二、主体的表現にはどんな語が使われているか

  〈助詞〉のいろいろ

   a 〈助詞〉の性格

   b 〈助詞〉「が」と「は」の使いわけ――その一、これまでの説明の問題点

   C 〈助詞〉「が」と「は」の使いわけ――その二、私の説明

   d 〈格助詞〉とその使いかた

   e 〈副助詞〉と〈係助詞〉について

   f 〈接続助詞〉と〈終助詞〉について

  〈助動詞〉の役割

   a 〈助動詞〉の認識構造

   b 時の表現と現実の時間とのくいちがいの問題

   c 〈助動詞〉のいろいろ

  感動詞・応答詞・接続詞

 第五章 日本語の文法構造1ーその三、語と文と文章との関係

  語と句と文との関係

  文章における作者の立場の移行

  文章といわれるものの本質

  文章に見られる特殊な表現構造

 第六章 言語と社会

  1 言語の社会性

  2 日本語改革の問題

  3 文法教育言語理論


解説 吉本隆明

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。