三島敏子『夫恋

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

三島敏子『夫恋

三島敏子?

『夫恋《つまごい》 日向のおんな旅日記

鉱脈社(宮崎市) 鉱脈叢書23

1997.6.20初版発行


発刊に寄せて 斎藤史?

島津隨真院「江戸下り道中日記

内藤充眞院「海陸返り咲ことばの手拍子」

日高蔦子「此花日記

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。