三上章『現代語法新説』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

三上章『現代語法新説』

三上章

1955年5月30日

刀江書院発行


1972年8月10日 復刊第一刷発行

序文 金田一春彦……巻頭


各章レジュメ

品詞

係り四式表


序章 文法用語など

 言葉言葉使い 改めたい用語 コプラ動詞 言文一致


   前編 品詞の問題       、

第二章 何を単語と見なすか

 八品詞一準(品)詞

第三章 名詞

       -格(declension-eq.)とは何か

第四章 動詞

       -活用(conjugation)とは何か

第五章 形容詞副詞

       -修飾のはたらき

第六章 代名詞と承前詞

       -指示のはたらき


    中編 敬語の問題

第七章 敬語の心理

       -相手に終始する

第八章 敬語の種類

       -シ給ヒ奉リ待リ候


    後編 構文の問題

第九章 センテンスの性質

        -動詞文、形容詞文、準詞文

第十章 センテンス構造

        -単式、軟式、硬式

第十一章 センテンスの内部

        -全開、半開、半閉、全閉

第十二章 センテソスの前後

        ー承前ということ

第十三章 句読法新案

        ーロオマ字化を前提して

第十四章 疑問文形式

        ー疑問のファイナル


後記

索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。