テンス・アスペクトのコト的側面とムード的側面

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

テンス・アスペクトのコト的側面とムード的側面

寺村秀夫

日本語学1982.12

金田一春彦編(一九七六)『日本語動詞のアスペクト』むぎ晝房

金田一春彦(一九五〇)「国語動詞の一分類」(金田一九七六所収)

金田一春彦(一九五五)「日本語動詞のテンスとアスペクト」(金田一一九七六所収)

金田一春彦(一九五三)「不変化助動詞の本質」(『国語国文』22-2、3)

木村英樹(一九八二)「中国語の『時』とアスペクト」(『講座日本語学』11巻、明治書院)

國廣哲彌(一九六七)『構造的意味論三省堂

國廣哲彌(一九八二)「テンスアスペクト(日本語英語)」(『講座日本語学』11巻、明治書院)

佐藤純一(一九八二)「ロシア語テンスアスペクト」(『講座日本語学』11巻、明治書院)

鈴木重幸(一九七六)「日本語動詞の時について」(月刊『言語』昭五一年一二月号)

鈴木重幸(一九七九)「現代日本語動詞テンス」(『言語の研究』むぎ書房)

高橋太郎(一九七四)「連体形動詞のもつ統語論的な機能形態論的な性格の関係」(『教育国語』36)

寺村秀夫(一九七一)「"タ"の意味機能」(『言語学日本語問題』くろしお出版有精堂論集日本語研究7』助動詞篇に再録)

寺村秀夫(一九七三)「テンスアスペクト・ボイス」(『日本語日本語教育-文法編』文化庁)

中右実(一九八○)「テンスアスペクトの比較」(『日英語比較講座』第2巻、大修館)

橋本萬太郎(一九七六)「自然言語と時間の表現」(月刊『言語』昭五一年一二月号)

藤井正(一九六六)「「動詞+ている」の意味」(金田一一九七六所収)

松下大三郎(一九三〇)『標準日本口語法白帝社

三上章(一九五三)『現代語法序説くろしお出版

山田孝雄(一九二八)『日本文法論』宝文館

吉川武時(一九七一)「現代日本語動詞アスペクトの研究」(金田一一九七六所収)

渡辺実(一九七一)『国語構文論塙書房

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。