テンス

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

テンス

鈴木泰論文

1986

国文学 解釈と鑑賞』51-1

pp.29-38

〔参考文献

糸井通浩、一九七七「『なりけり』語法の表現価値1「桐壼」「若菜下」を中心に」(『国文学解釈教材の研究』二二-一)

奥田靖雄、一九八四・五 「おしはかり(一)(二)」(明治書院日本語学』三-一二、四-二)

加藤康秀、一九八一 「日本語動詞テンスアスペクト」(大東文化大学日本語文法研究会『研究会報告』2号)

工藤浩、一九八五 「日本語の文の時間表現」(「言語生活』四〇三号)

鈴木重幸、一九七九 「現代日本語動詞テンス――終止的な述語につかわれた完成相の叙述法断定のばあい――」(『言語の研究』むぎ書房)

鈴木泰、一九八四 「『き』『けり』の意味とその学説史」(『武蔵大学文学雑誌』一六巻三・四号)

高橋太郎、一九八五 『現代日本語動詞のアスペクトとテンス』(国立国語研究所)

細江逸記、一九三二 『動詞時制の研究』(泰文堂)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。