スタイルブック

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

スタイルブック


スタイル・ブック 新聞記事のスタイルを記した本。戦後日本の多くの新聞社では当用漢字現代かなづかいを採用し、新聞の普及にともなう文章の平易化に乗出した。これがため各社とも難語言い換えなどに苦心し、紙面に統一を保たせるためにスタイル・ブック編集し、各社ともそれぞれのスタイル・ブックに則って記事の執筆、整理、校正を実施している。

『新語新知識辞典』キング附録1954年


スタイル・ブック(style book 米) その時々の流行衣裳を主として図で示した本をいうが、近頃はたいてい写真も含まれている。

『新語大辞典』キング付録1951年

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。