グロータース『日本の方言地理学のために』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

グロータース『日本の方言地理学のために』

昭和51年11月5日 初版第1刷発行

W・A・グロータース

平凡社

  まえがき

第一部 日本の方言地図とその解釈

   1 時間と空間の接点にある方言

   2 方言の変化と人間の社会

   3 鳥瞰的広域言語地図と微細言語地図

      付民衆語源について

   4 糸魚川地方における標準語と同じ語彙体系の形成について

   5 方言区画への出発

   6 地図による語源の研究――糸魚川におけるモノモライの方言

   7 モグラのしっぽ――言語地理学の一効用

   8 方言地図書き方読み方

   9 ジャガイモの方言分布解釈する――『中国地方五県言語地図』を読んで

   10 千葉県アクセント言語地理学的研究

第二部 方言地理学の歩み

   1 日本における言語地理学の始まり

      付 『蝸牛考』――日本最初の言語地理学――のふるさと

   2 構造言語地理学の新方法

      コメント グロータース神父の論文を読んで(柴田武)

   3 最近の欧米における方言研究

   4 スイス・ベルギー・オランダにおける方言研究

 ウィレム・A・グロータース年譜

 あとがき(柴田武)

 著書・論文目録

 索引

 欧文目次

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。