アナウンサー

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

アナウンサー

アンナウンサーの始(日置昌一『話の大事典』

 日本アンナウンサーという新らしい職業の生れたのは大正十四年三月に放送事業の開始されると共に京田武男?、大羽仙外?が最初のアンナウンサーとなったのを嚆矢とする。ついで入ったのが二・二六事件に際して一兵に告ぐ」の名放送で知られた中村茂?、續いて野球や角力の放送でフアンを熱狂させた松内則三?、儀式放送で有名な松田義郎?、伯林オリムピックの放送で「前畑(水泳の前畑秀子)頑張れ」の河西省三?などである。

アナウンサーの始(日置昌一『話の大事典』

 大正十四年三月に東京中央放送局の開設と共に採用された翠川秋子?(本名は荻野千代子)が女アナウンサーの嚆矢である。

* はてなダイアリーキーワード:アナウンサー

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。