ことばの講座

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

ことばの講座

東京創元社

1956-

  1卷 世界ことば日本のことば

ことばの起り         小林淳男

繪から文字へ          日下部文夫

世界の言語と日本語      泉井久之助

日本語の親類         大野晋

日本語發音の特徴       佐久間鼎

日本語正字法  林大

日本語の表現能力        金田一春彦

日本語のスタイル        阪倉篤義

日本人言語量        柴田武

日本語の發逹         池上禎造

日本語の長所・短所

日本語の長所と短所  W・A・グロータース

日本語について       N・ヌエット

日本語のこと        黎波


  2卷 これからの日本語

よいことば・惡いことば

ことばのただしさ       新村出

話しことば書きことば    石黒修

わかち書き         宮田幸一

方言標準語         藤原與一

男ことば女ことば      飯澤匡

敬語          泉井久之助

新語           楳垣實

専門語            緒方富堆

外來語            小林英夫

國語政策をいきわたらせるには 土岐善麿

聞きことばの將來       柳田國男

これからのことばの生活    西尾實

 ことば理解         藤田圭雄

付 ことばの問題の歴史


3卷ことば・話・文章

ことばの生態

 ことばから話・文章

語句の働き            金田一春彦

センテンスのいろいろ     芳賀綏

題材とすじ          中村通夫

話と文章           永野賢

話と聲

發聲發音           田口泖三郎

聲の表情            徳川夢聲

對談と座談           蘆原英了

話し合いと會議         堀内敬三

演説講演テーブルスピーチ 下村海南

電話と放迭          田代晃二

文章文字

文字の種類と使いかた     松坂忠則

掲示看板           宇野義方

手紙            吉澤久子

原稿            美作太郎

 ことばのいき違い

失言の分析           和田實

誤解曲解          中平解


4卷 ことばの生活技術

 ことばの技術

 ことばの働き

 よい話しかた・書きかたとは  金田一春彦

 よい聞きかた・讀みかたとは  上甲幹一

 ことばの働きを考える

 わかりやすいことば     石黒修

 説得と論理          大久保忠利

 美しい文章         佐山濟

 正しい理解のために     熊澤龍

 本心や事實を知るには     戸川行男

 名前のつけかた       森岡健二

 ことばの働かせかた

 おもしろがらせるには 秋田實

 人の動かしかた       菅谷重平

 口のきらせかた       藤倉修一

 あいさつ          澁澤秀雄?

 ことばの味わいかた     伊吹武彦

 ことばはこうして覺える   草島時介

 ことばのエチケヅト     渡邊紳一郎


5卷 現代社會とことば

 マス・コミュニケーションことば          日高六郎 荒瀬豐

 ことばの機械化         關英男

 ことばのない世界       岩井隆盛

 集團生活が生むことば     柴田武

 よそいきことば・ふだんのことば 築島謙三

 デマの傳わりかた       西平重喜

 廣告ことば         仁平芳郎

 選擧とことば         野元菊雄

 法廷の弁論           正木ひろし

 信仰をささえることは     加藤子明

 ことばの魔術         堀川直義


6卷子どもとことば

 ことばの覺え初め       牛島義友

 子どもの言語能力の發淫     矢田部達郎

 遊び仲間のことば        小林さえ子

 談み書き能力とその發達     輿水實

 話せない子どもたち      平井昌夫

 讀めない子どもたち      阪本一郎

 書けない子どもたち      倉澤榮吉

 ことばの診斷と治療       中澤政雄

 讀書            滑川道夫

 ことばのしつけ   石黒修

 言語形成期というもの     柴田武

 語り合いつつ導く       村岡花子

 ことばの力          小林秀雄

 子どもと言語文化      城戸幡太郎

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。