【那智黒】

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

【那智黒】

言海

なち-ぐろ (名) 那智黒 紀州、那智の海浜より産ずる石。色純黒なり。試金石《かねつけいし》、碁石、硯、庭石、などとす。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/992954/450


大言海

なち-ぐろ (名) 那智黒 紀伊国、那智の海浜より産ずる石。色、純黒なり。試金石《かねつけいし》、碁石、硯、庭石、などとす。紀伊風土記、物産「試金石《なちぐろ》、(物理小識)、牟婁郡那智滝浜の名産なり、近年上品少し」

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1265336/324

紀伊風土記

試金石《なちぐろ》、物理小識、牟婁郡那智浜の名産なり、近年上品少し

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/765519/203

ことばの泉

なち-くろ (名) 那智黒 紀伊国那智の海浜に産ずる黒石。硯、碁、庭石などとす。試金石。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/862875/524

言泉

なち‐ぐろ 那智黒(名)紀伊國那智の海浜に産する、質緻密にして純黒色なる石。硯・碁石・庭石などに造り、又試金石として用ふ。なちいし。さつまぐろ(薩摩黒)・けいばんがん(硅板岩)参照。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/PDF/gensen/gensen41.pdf#page=54


辞林(M40)

なち-ぐろ 那智黒 (名) 紀伊国那智の海辺より産出する純黒の石。碁石などに用ふ。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/863016/596

M44版も同。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/863017/593



大辞典平凡社

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1114102/238



大日本国語辞典

なち‐ぐろ 那智黒(名)紀伊國の南部、那智の海邊地方より産する純黒色の石。質密にて麗しき光澤あり。黒の碁石・硯・庭石等に用ひ、又、試金石とす。

http://www.iwanami.co.jp/topics/index_k.html

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。