『19世紀中国語の諸相』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『19世紀中国語の諸相』

雄松堂出版 2007.3

内田慶市「序説 近代ヨーロッパ人中国語研究の価値とその可能性」

フェデリコ・マッシーニ「早期の宣教師による言語政策

張美蘭「19世紀官話とその資料 文法と語彙から見た19世紀域外漢語教材官話の様相」

千葉謙悟「清末における全国共通語および地方共通語の設定」

鄒振環「内外の言語接触テクスト 商務印書館編集翻訳所「英文部」と清末民初における英語教科書編纂について」

小野文「フンボルト/アベル=レミュザ往復書簡について」

木津祐子清代琉球官話課本にみる言語文献

奥村佳代子江戸時代の「唐話世界」」

朱京偉語彙からのアプローチ 明治期における社会主義用語の形成」

沈国威「蘭学の訳語と新漢語の創出」

荒川清秀「「電」のつくことば

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。