『鶴久教授退官記念国語学論集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『鶴久教授退官記念国語学論集』

鶴久

西宮一民「ナニモ(汝妹)の国語学的研究

山口佳紀古事記本文校訂に関する若干の考察」

橋本雅之神武紀「徑醉」の古訓をめぐって」

蜂矢宣朗万葉集読添索引覚書―使役尊敬のスの場合」

吉田金彦「之許乃美多弖(醜の御楯)」

古屋彰「「加賀布〓歌」のよみ―〈賀〉の清濁をめぐって」

前田富祺上代における衣服の部位名をめぐって」

佐藤武義翻訳語としての万葉語「天+~」」

毛利正守母音変化字訓借用

浅見徹八代集の語彙構造

片桐洋一古今集仮名序文章―その性格と成立

鎌倉暄子「いわゆる推量の助動詞ムズ・ムズルとムトス―その本質成立に関連して」

小林恵子完了の助動詞ヌとツについて

小林芳規北九州角筆文献

迫野虔徳『名語記』の仮名づかい

岩川直子程度副詞語彙通時的考察―ココダ系語彙、ソコダ系語彙を対象として」

来田隆「『情識』考」

佐田智明あゆひ抄の「ぞ」について」

古田東朔中金正衡の『大倭語学手引草』」

原口裕英学資料に見るイル・オル」

佐々木綾可能動詞についての考察

神鳥武彦方言における漢語語彙通時的性格―広島県安芸郡熊野町方言と『長崎日葡辞書』との対比を中心に」

愛宕八郎康隆長崎地方の2音節形容詞のイ語尾化現象について」

神部宏泰方言表現の特性―「局限的特性」を中心に」

藤井茂利日本方言韓国方言―ココモ・〓〓〓(kokuma)・〓〓(kamcha)」

姜斗興朝鮮語における母音交替による対義語造語法

坂梨隆三「『ヅーフハルマ』の九州方言

川添昭二岡倉天心における東洋西洋―『茶の本』第一章を中心に」

大内初夫「〈翻〉翻刻 野坡樗路編『鉢袋』」

山口宗之幕末人士の伊勢参宮」

鶴久教授略年譜・研究業績目録

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。