『高校基礎古語辞典』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『高校基礎古語辞典』

旺文社

古田東朔監修

旺文社

旺文社 高校基礎古語辞典

旺文社 高校基礎古語辞典

1982.10.1 初版

1987 重版

高校生の古典学習に最重要の一五、〇〇〇語を、教科書・入試を中心に精選収録。(カバー)

はじめに

この辞典のきまりと使いかた

「学習」「古典の常識」一覧

 「学習」項目一覧

  混同しやすい語・対義語などの比較

「あいぎゃう」と「あいきゃう」

「あかつき」と「しののめ」と「あけぼの」の関係

「あし」と「わろし」との違い

「うるはし」と「うつくし」との違い

「おうな」と「をうな」

「おぼつかなし」と「うしろめたし」との違い

「おほやけ」と「わたくし」の関係

「よし」と「よろし」との違い

  文法的な解説をしたもの

  作品文体

竹取物語

「土佐日記」

蜻蛉日記

枕草子

源氏物語

紫式部日記

大鏡

説話文学

十六夜日記

徒然草

  文学理念・文学史的事項

  その他

   あめつちの詞

   「いろは歌」について

   忌み詞・武士詞女房詞隠語

   「おくのほそ道」の旅程・芭蕉紀行文地図

   「襲の色目」

   「きぬぎぬ」の歌

   「源氏物語」主要人物系図

   「つでづれ」の意味

   「反歌」について

 古典の常識一覧

本文 pp.11-832 あ【吾・我】〜んずれ

文法のまとめ

国文学史年表

主要用例出典略語一覧

年号対照表

和歌俳句索引

最重要語、主要助詞助動詞 約一〇〇〇語

次位重要語 約一〇〇〇語

一般語 約一三〇〇〇語

第二版

1987年10月20日 初版発行

1996年12月20日 第二版印刷

1997年1月10日 第二版発行

別の本には

初版発行 1987年10月20日 

第二版発行 1996年10月1日 

重版発行 2002年

この度の改訂では、新たに杉浦克己先生、肥爪周二先生に御加わりいただき

はじめに 一九九六年 初秋

この辞典のきまりと使いかた

「学習」「古典の常識」一覧

 「学習」項目一覧

「あいぎゃう」と「あいきゃう」

「あかつき」と「しののめ」と「あけぼの」の関係

形容動詞動詞との対応

「あし」と「わろし」との違い

「あはれ」と「をかし」との違い

あめつちの詞

「幽玄」について

動詞活用意味の違い

忌み詞・武士詞女房詞隠語

いろは歌」について

「有心」と「無心」について

歌合はせ」について

接尾語について

「うるはし」と「うつくし」との違い

「おうな」と「をうな」

おくのほそ道」の旅程、芭蕉紀行文地図

「おぼつかなし」と「うしろめたし」との違い

「おほやけ」と「わたくし」の関係

「御」の読み方

「襲の色目」について

「かるみ」について

「きぬぎぬ」の歌

「勧善懲悪」について

源氏物語」主要人物系図


「つれづれ」の意味


反歌について

平家物語」と「平曲


「よし」と「よろし」との違い

歴史物語戦記軍記物語

「をかし」と枕草子

意味理解を深める語原

 「まぎれやすい語の区別」一覧

 有名古典の冒頭文(訳文つき)一覧

歴史的仮名づかい一覧 11-14

本文 pp.15-888 あ【吾・我】〜んずれ

文法のまとめ

国文学史年表

主要用例出典略語一覧

年号対照表

和歌俳句索引

最重要語、主要助詞助動詞 約一〇〇〇語

次位重要語 約一〇〇〇語

一般語 約一三〇〇〇語

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。