『金田一春彦博士古稀記念論文集1国語学編』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『金田一春彦博士古稀記念論文集1国語学編』

昭和58.12.15

金田一春彦

仮名声点の起源と発達(築島裕)

日本書紀音仮名とその原音声調について――上代アクセントとの相関性を考える(高山倫明)

天理本「散木集注」声点考(秋永一枝)

尾崎知光氏蔵「四声出合読誦私記」考――中世アクセント史資料として(桜井茂治)

古代語におけるm-b間の子音交替について(山口佳紀)

母音無声化史料としての声明-真言宗所伝の講式資料として(金井英雄)

キリシタン資料における語頭のH表記の語について――ロドリゲス著「日本大文典」の記述を中心にして(近藤政美)

国学者鱸有飛音韻研究――「四十八音略説」「四十八音義訳」について(寺田泰政)

母音のいわゆる無声化の実態(川上蓁)

為字のよみ――法華経訓読における為字和訓を中心に(田島毓堂)

保元物語」と「平治物語」の人称代名詞(倉島節尚)

文体としての自敬表現」の本質――豊臣秀吉文書の場合(西田直敏)

言文一致運動と口語文法研究(永野賢)

福沢諭吉の「日本婦人論」と「日本婦人論後編」との文章(進藤咲子)

スルともシタともいえるとき(高橋太郎)

形態論的なカテゴリーとしてのアスペクトについて(鈴木重幸)

いわゆる中称の指示語ソ系について――現代語を中心に(清水功)

形式名詞「の」による代名用法の考察(霜崎実)

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。