『速記術講義』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『速記術講義』

帝国速記研究会編(東京市芝区栄町14)

編集兼発行者 天沼三千之

刊年不記

速記術の綱要

速記言語との関係

速記仮名との関係

速記符号の原理

速記用の器具と材料

練習と応用程度

清音の記法

濁音及び半濁音の記法

長音及び促音の記法

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。