『近代語研究』8

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『近代語研究』8

柳田征司近代語進行態既然態表現

桜井光昭 「『宇治拾遺物語』(流布本)のよみ」

坂詰力治室町時代における「こそ」の係り結び

小林賢次 「言語資料としての天理本『狂言六義』」

小林千草抄物における「何ノ用ゾ」」

阿部八郎 「近松世話浄瑠璃の心話文」

鈴木丹士郎近世に見られる形容詞の一類」

杉本つとむ 「『誹諧通言』寸見」

大橋紀子近世におけるの関係」

矢野準一九文字生活」

斯林不二彦式亭三馬文体

宇野義方 「永代節用無尽蔵について」

森岡健二共通語とその変容」

細川英雄 「感情形容詞連用修飾用法について」

天沼寧 「「始発」:「終発」」

鏡味明克地名近代語

吉町義雄 「日馬語のシンドロム」

松村明明治初年の洋学会話書における助動詞「です」とその用法

金田弘鶴橋俊宏咄本『珍話楽牽頭』語彙索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。