『近代語研究』5

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『近代語研究』5

吉田澄夫迂斎学話抄略について」

坂詰力治 「『かながきろんご』について-室町時代語資料としての考察-」

小林賢次清原宣賢論語抄について-書陵部蔵「魯論抄」の本文の性格をめぐって」

柳田征司 「原因・理由を表わす「~サニ」の成立と衰退-「史記抄」を資料として-」

都竹通年雄幸若舞曲の国語史資料としての価値」

梅原恭則係り結びの現象について-ハ・モの構文的職能-」

安田喜代門 「「ます」と「です」」

外山映次 「古今全抄とその用語

金田弘 「長年寺蔵『法宝蔵海』と接続辞サカイ」

坂梨隆三 「アンドンとアンドウ」

岸田武夫 「「ありんす・ありいす」の成立について」

小林千草近世上方語におけるサカイとその周辺」

白木進安原貞室かたこと」の文字表記について」

島田勇雄 「将軍吉宗の命による諸藩の物産書提出の由来」

吉町義雄 「露都創刊日本語典

杉本つとむ稲村三伯小伝-日本最初の本格的蘭和辞典の訳編者-」

大橋紀子 「粋と意気との語彙的性格」

江湖山恒明 「日文をめぐる平田篤胤

阿部八郎 「『古今集遠鏡』動物・植物・その他への呼びかけ-その根拠と宣長の 語訳観-」

天沼寧 「『東海道中膝栗毛』に使われている擬音語擬態語について」

永野賢 「『官版語彙活語指掌』『官版語彙別記』の俗語文法研究史上における位置」

山本正秀上田万年博士と言文一致

大石初太郎 「現代敬語の一側面-実地における敬語意味-」

国田百合子 「『御湯殿上日記』にみえる接尾辞「ども」の用法

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。