『近代語研究』14

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『近代語研究』14

近代語研究

山田潔抄物カタチヨミとその類縁表現

岩下裕一「「うずくまる」考」

小林正行「助詞バシについての一考察」

坂詰力治御伽草子に見る室町時代語的様相」

玉村禎郎「「善悪」の副詞用法の発達と衰退」

小林千草「『天草版平家物語』〈重衡東下り・千手〉の段と能「千手重衡」」

小林賢次狂言台本における「聞ク」と「問フ」「尋ヌル」」

佐藤貴裕「『節用集寛永六年刊本類の本文系統

浅川哲也「『唐詩選講釈』と『唐詩選広解』の指定表現について」

杉本つとむ狩谷棭斎古京遺文』を批判する」

大久保恵子江戸語で書き継がれた『路女日記』」

宮内佐夜香近世後期江戸語明治期東京語における助詞モノヲとモノについて」

長崎靖子文末表現「げす」の評価に関して」

小松寿雄「『吾輩ハ猫デアル』の一・二人称代名詞

園田博文国定読本における助詞「へ」使用率の変化について」

成[インア]「明治期における会話書『独習新案日韓対話』」

鈴木英夫接続助詞モノデについて」

田中章夫「「マス」から「デス」へ」

北澤尚「お~いただきますようお願い申し上げます」と「お~くださいますようお願い申し上げます」」

鏡味明克「駅名における分割地名構造

宮島達夫文章文体単語文体

常盤智子「B.H.チェンバレンの試みた口語

木村一「『和英語林集成』「手稿」のローマ字綴りとその位置」

松井利彦幕末における時長表現語」

山口豊「『呉淞日記』に見られる言文一致の萌芽」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。