『近代語研究』1

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『近代語研究』1

吉田澄夫近代語研究の現段階」

田中章夫近代語成立過程にみられるいわゆる分析的傾向について」

安田喜代門感動詞の認識」

権藤円立「真宗声明に於ける読唱のいろいろ」

林田明「「候ふ」とその異形群」

宇野義方能狂言の擬音をめぐって」

小松寿雄狂言における否定問いかけに答える応答詞の用法

金田弘「「不出戸」なる洞門抄物

井之口有一尼門跡使用の御所ことばと「蜑藻屑」」

宮地幸一「移りゆく断定表現

山崎久之「「お=ある」「お=やる」「やる」の変遷」

吉川泰雄「シマス・サシマス考」

大橋紀子「すしとすい」

都竹通年雄「「お行きる」という言い方の歴史と分布

斯林不二彦式亭三馬の文表現

進藤咲子江戸語会話文の長さ」

杉本つとむ「転換期の日本語」

鵜月洋江戸時代宣伝文」

辻村敏樹「「です」の用法

池上秋彦江戸小咄について」

斎藤義七郎江戸方言資料としての庄内地方郷土本」

国田百合子女房詞日葡辞書婦人語との関係」

松村明「羅尼著『和法会話対訳』について」

福島邦道近代語研究文献目録-江戸時代

古田東朔近代語研究文献目録-明治以降」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。