『近代語研究 』2

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『近代語研究 』2

吉田澄夫 「近代文章史の諸問題」

林田明 「古本狂言文の詞章」

岩井宏融 「江島其磧文章の一特色」

桜井光昭秋成などに見る近代文語の問題」

斯林不二彦馬琴日記随筆

山本正秀明治三十年代「読売新聞」の言文一致活動」

佐藤孝明治文学文章

国田百合子 「「御湯殿上日記」にみえる謙譲補助動詞「まゐる」の用法

安田喜代門 「「まらす」「ます」」

奥村三雄 「所謂二段活用の一段化について」

外山映次ハ行四段活用動詞音便形について」

斎藤義七郎雑兵物語語法語彙

宮地幸一 「非情の受身表現考」

前田勇近世上方語の接頭辞について」

小松寿雄 「「お…する」「お…いたす」「お…申しあげる」の用法

杉本つとむ 「中野柳圃とその言語研究

都竹通年雄 「アウ・オウからオーへ」

飛田良文明治大正期における漢音呉音の交替

金田弘 「「西福寺蔵碧岩雷沢抄」について」

大橋紀子 「「粋」とその周辺」

島田勇雄西鶴本かなづかい

鈴木丹士郎読本における漢字語の傍

西尾光雄 「「西国立志編」のふりがなについて」

進藤咲子明治初期の振りがな」

鏡味明克地名の保全と正書法

横山吉男 「漢字指導法管見」

天沼寧外国語外来語の乱用について」

古田東朔 「「智環啓蒙」と「啓蒙知恵の環」」

近代語学会研究発表記録

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。