『辻村敏樹教授古稀記念 日本語史の諸問題』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『辻村敏樹教授古稀記念 日本語史の諸問題』

辻村敏樹教授古稀記念 日本語史の 諸問題

明治書院

1992年3月30日

辻村敏樹教授略年譜・業績目録

櫻井光昭表記から見た『宇治拾遺物語』の敬語のよみ」

近藤泰弘丁寧語アスペクト的性格――中古語の「はべり」を中心に――」

川岸敬子「『太平記』の「(ラ)ル」――「給フ」との比較から――」

韓美卿「捷解新語における一、二人称代名詞

岡田袈裟男江戸翻訳文体と待遇表現――『唐訳便覧』にみる人称詞と敬意表現――」

金榮順「対称詞の待遇性と文末との関係――妻が夫を呼ぶ場合――」

川口義一「議会における丁重語――謙譲語から尊敬語ヘ――」

坂本恵丁重語と丁重文

蒲谷宏「「お.ご~する」に関する一考察」

盧顕松「詞の敬語辞の敬語

菊地康人敬語化・非敬語化のモデル」

久島茂上代の「~終止形+ミユ」文の構造について」

細川英雄感情形容詞研究の一視点――『万葉集』に見える「かなし」の意味分析から――」

鈴木豊「『日本書紀声点本における濁音標示」

秋永一枝「「顕昭拾遺抄注」声点考」

森野崇終助詞「かし」の機能

佐藤栄作字形から字体ヘ――『観智院本類聚名義抄』の「ツ」とそれに付された平声点をてがかりに――」

磯部佳宏『平家物語』の要説明疑問表現

今野真二「『たまきはる』のかなづかい――和語について」

金井英雄出合資料としての『博士指口伝事』」

上野和昭「アクセント資料としての神原文庫本「名目抄」について」

桑山俊彦近世初期咄本における格助詞「を」について

高梨信博近世前期の節用集四十七部非増補系諸本系統関係」

坂本清恵動詞未然形アクセント付属語接続について――近松世話物浄瑠璃本を資料にして――」

近藤尚子応氏六帖の諸本

石綿敏雄「『増補華夷通商考』の外来語

藁科勝之「『雨月物語』の表記言語――アハレとアヤシ」

杉本つとむ江戸期、ある〈音韻論〉を読む――鳥海松亭音韻啓蒙』小察――」

武部良明「第一議会速記録の平仮名書きについて」

岩淵匡振り仮名についての意識――文学界本『たけくらべ』の場合――」

野村雅昭落語の演題の造語法

中村明「「文体概念変遷――近代文体論成立まで――」

木村睦子国定読本における可能表現

氏家洋子「ノデス文の成立とその背――日本語史との対話――」

竹端瞭一「下越・新発田圏方言の現代史」

松木正恵複合辞性をどうとらえるか――現代日本語における複合接続助詞を中心に――」

山口佳也文節末の「か」の用法

森田良行新漢語成立に伴う動詞性の問題」

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。