『谷山茂教授退職記念国語国文学論集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『谷山茂教授退職記念国語国文学論集』

谷山茂教授略歴・著述目録


ことば名まえ-記・紀から万葉へ(井手至)

白詩の影-新選万葉集下巻の詩の周辺(小島憲之)

蛇の恋-霊異記中巻第四十一縁考(藤森賢一)

勅選和歌集における季節(小松光三)

天台の五時八教と和歌(国枝利久)

拾遺抄』の歌材と表現-大和絵屏風歌との関連において(片桐洋一)

定家の『拾遺集享受について-『二四代集』恋部を中心として(阪口和子)

心敬中国詩の清韻(石原清志)

平貞能像-その東国落ちについて(以倉紘平)

夢想『物くさ太郎』論(信多純一)

キリシタン文学における「自由」について-伝統的日本文学に現れた「自由」との比較を通して(栗城順子)

曽丹集』の享受-富士谷成章の場合(蔵中スミ)

永田貞柳と狂歌活動(西島孜哉)

近松時代浄瑠璃翻案方法(阪口弘之)

松川半山-幕末明治維新期における-挿画作者の動向(長友千代治)

山片蟠桃と愛日文庫目録(宮内徳雄)

文学史の問題(森修)

中根香亭と「謡文評釈」(伊藤正義)

白鳥の初期作品意義(小久保伍)

短歌の円環性(林一夫)

鼻濁音(前田正人)

連母音ao表記の一解釈-"深草"の掛け詞から(遠藤邦基)

『和名類聚抄』の語彙と配列(蔵中進)

定家卿拾遺集-格助詞「を」と係助詞「も」と(塚原鉄雄)

落窪物語』の笑咲語彙-滑稽表現体系づける端緒として(神尾暢子)

ゆきつ・もどりつ(浜田敦)

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。