『講座日本語の語彙8方言の語彙』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『講座日本語の語彙8方言の語彙』

『講座日本語の語彙』

明治書院



方言語彙の概説                      加藤正信

 一 方言語彙の定義

 二 方言語彙体系方言集

 三 地理的分布

 四 歴史的観点など


俚言の性格                        本堂寛

 一 俚言の定義

 二 俚言の特徴

 三 俚言訛語・義訛語

 四 俚言の現れ方

 五 俚言全国分布


方言集方言辞典                     日野資純

 一 方言集方言辞典(方言辞書)という術語意味と相互の関係

 二 近世までの方言集方言辞典の類の編纂意図

 三 現代方言学における方言集方言辞典編纂

 四 方言集方言辞典の基本構想

 五 むすび


方言語彙分布──『日本言語地図』に見る            佐藤亮一

 一 全国分布のパターン

 二 地方特有の分布


方言区画語彙                      飯豊毅一

 一 はじめに

 二 俚言分布の型

 三 東北方言圏の語彙

 四 まとめ


言語地理学                         馬瀬良雄

 一 はじめに

 二 調査の実施まで

 三 言語地図作製まで

 四 言語地図の語るもの

 五 おわりに


方言語彙史                         迫野虔徳

 一 方言文献との対比

 二 方言記述資料

 三 方言の反映した地方文献

 四 まとめ


方言と古語                        奥村三雄

 一 はじめにー方言と古語

 二 方言国語史的考察──ABA型分布,

 三 古い中央語を反映する辺域方言

 四 方言から国語史ヘ──文献資料の不足を補って

 五 ABA型分布に関する問題点


東北方言の感情語・形容語-青森県大畑町赤川方言         川本栄一郎

 一 はじめに

 二 赤川方言における感情語・形容語の概観

 三 赤川方言における感情語・形容語の特徴

 四 おわりに


関東方言の感情語彙ー宇都宮市新町方言         大橋勝男

 一 はじめに

 二  ブラス方向(陽性)の意を表す感情語彙

 三 マイナス方向(陰性)の意を表す感情語彙

 四 まとめ


北陸方言の感覚・感情形容詞語彙──富山県五箇山方言      真田信治

 一 はじめに

 二 「感覚」「感情」

 三 「感覚」語彙

 四 「感情」語彙


四国方言の感情語・形容語──高知県檮原町四万川方言        吉田則夫

 一 はじめに

 二 日本語の形容語のタイプ

 三 形容語の小部分語彙-「におい」と「味」の場合

 四 特徴的形容語 (1)

 五 特徴的形容語 (2)

 六 形容語の特徴についての若干の考察

 七 おわりに


琉球方言の感情語・形容語──沖繩県玉城村奥武方言      中本正智

 一 心の内面を表す語

 二 喜怒哀楽を表す語


地方の生活と方言語彙──大分県姫島の魚名語彙       室山敏昭

 一 はじめに

 二 一月に漁獲する主要魚種

 三 主要魚種の下位名称

 四 魚の大小

 五 魚の雌雄

 六 漁法・生死による魚の弁別

 七 出世魚

 八 魚のヴァリュー・システム

 九 おわりに


方言語彙の将来                       井上史雄

 一 はじめに

 二 「俚言」の衰退──統合

 三 方言語彙変化の諸相──旧物廃語

 四 新方言の普及──旧物新語

 五 残った問題──新物新語

 六 結論

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。