『講座日本語の語彙7現代の語彙』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『講座日本語の語彙7現代の語彙』

『講座日本語の語彙』7現代の語彙

講座日本語の語彙7』

明治書院


現代語彙の概説               飛田良文

 一 現代語彙研究の視点

 二 語彙調査の問題点

 三 話しことば語彙

 四 書きことば語彙

 五 標準語から共通語


現代語語彙体系                      柴田武

 一 語の意味概念との関係

 二 親族語彙体系

 三 色彩語彙体系

 四 分類と体系


現代語語構成            宮地裕

 一 目的と資料

 二 観点と方法

 三 分析記述の手順

 四 語構成一覧

 五 兼用系・語基接辞助辞

 六 複合語


現代語の世代差                       野元菊雄

 一 世代について

 二 世代・年齢について

 三 年齢について


現代生活の語彙量                      石綿敏雄

 一 現代人の生活と現代語彙

 二 計量語彙論の基本用語

 三 語彙の量的構造

 四 語種分布

 五 品詞分布

 六 話しことば書きことば

 七 使用語彙と理解語彙

 八 専門語の問題

 九 おわりに


現代の命名法                        寿岳章子

 一 テーマについて

 二 名づけ行為の基盤のひろがり

 三 名づけ行為の実際──二、三の場合を通じて

 四 現代の命名課題


現代の新語流行語                     稲垣吉彦

 一 現代の情報環境

 二 新語の惹起性

 三 新語の流通速度

 四 流行語の定義

 五 硬軟二つの流行語

 六 流行語の特質

 七 「それなりに」の背景

 八 表現の感覚化・誇大化


現代の隠語                        加藤正信

 一 隠語の定義・位置づけ

 二 隠語の歴史と現行の隠語の特徴

 三 隠語の種類

 四 隠語造語法語構成


現代の専門用語                      佐竹秀雄

 一 はじめに

 二 専門用語の定義と規定

 三 これまでの研究の流れ

 四 専門用語のあり方

 五 専門用語理解

 六 現代における専門用語の位置

 七 おわりに


当用漢字表語彙                     斎賀秀夫

 一 はじめに

 二 言いかえ・書きかえの四つの方法

 三 『新聞用語集』における言いかえ・書きかえ

 四 「涜職」から「汚職」へ

 五 新造語で定着した語

 六 新造語ともとの語とが併用されるもの

 七 一般社会に浸透しなかった新造語

 八 おわりに


文学作品語彙                       樺島忠夫

 一 詩歌の語彙

 二 小説語彙

 三 結び


流行歌の語彙            中野洋

 一 流行歌とは何か

 二 本稿の目的

 三 方  法

 四 流行歌語彙の量的構造〜一曲の中の構造

 五 流行歌の語彙量〜共通語彙と特徴語彙

 六 流行歌の語彙量ー語種品詞

 七 流行歌の特徴語彙の分析

 八 流行歌の語彙雑誌新聞語彙

 九 電子計算機による流行歌の作詞


漫画の語彙                 〓岡昭夫

 一 漫画の語彙の重要性

 二 これまでの調査

 三 漫画の語彙の流れ

 四 漫画の語彙の問題点


放送語彙                         菅野謙

 一 はじめに

 二 初期のラジオ放送

 三 放送用語の組織的研究の開始

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。