『講座日本語の語彙4中世の語彙』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『講座日本語の語彙4中世の語彙』

『講座日本語の語彙』

佐藤喜代治 明治書院 昭和56

講座日本語の語彙4』


中世語彙の概説                      蜂谷清人

 一 時代の概観と語彙研究の視点

 二 中世の語彙資料

 三 表現様式と語の選択の意識

 四 漢語(一)

 五 漢語(二)

 六 和語「背負ふ」の一類

 七 位相


軍記物語語彙                       西田直敏

 一 はじめに

 二 異なり語数・延べ語数・使用頻度数と品詞別組成

 三 語種別組成

 四 基幹語彙

 五 位相

 六 史的・比較的考察

 七 軍記物語の形容語彙

 八 おわりに


説話文学語彙                       桜井光昭

 一 はじめに

 二 歌語との関連

 三 中世文語「侍り」その他

 四 漢語サ変を通じての比較


法語の語彙ー『正法眼蔵随聞記』の四字漢語を中心に         水野弥穂子

 一 四字漢語構成上の特徴

 二 四字漢語の出現度

 三 『歎異抄』『一遍上人語録』『和上御教誠等打聞集』との比較

 四 結語


記録文書語彙                      遠藤好英

 一 はじめに

 二 記録文書語彙の特色

 三 畳語の形の和製漢語

 四 おわりに


和歌連歌語彙                      佐藤宣男

 一 歌語意識

 二 枕詞掛詞縁語

 三 和歌独特のことば和歌に忌避されることば

 四 連歌用語


歌謡語彙                 山内洋一郎

 一 今様から小歌へ

 二 ただ狂へ──鮮烈な小歌のことば

 三 人・身・思ふ──最も多いことぽ

 四 君・逢ふ・名──小歌らしいことば

 五 花うつぼやさし──雅語俗語

 六 春風細軟──小歌の漢語


随筆語彙-徒然草             青木伶子

 一 はじめに

 二 副詞

 三 サマ名詞とモノ名詞

 四 形容詞語幹から所謂形容動詞語幹へ──接尾辞「げ」の問題

 五 心情形容詞

 六 まとめ


御伽草子語彙           松本宙

 一 はじめに

 二 漢語

 三 俗語

 四 人代名詞

 五 むすび(付「こぶ」について)


抄物語彙                         柳田征司

 一 はじめに

 二 抄物語彙の種々相

 三 語構成から見た抄物語彙

 四 語義から見た抄物語彙

 五 おわりに


狂言語彙                         安田章

 一 台本における整備の問題

 二 加工と虚構

 三 基本語彙

 四 叙述語への接近

 五 おわりに


キリシタン資料語彙                    福島邦道

 一 研究史をたどる

 二 索引類の活用

 三 漢語の使用度数


中国朝鮮資料語彙                    大友信一

 一 中世中国朝鮮資料

 二 中国資料語彙

 三 朝鮮資料語彙

 四 中国朝鮮資料語彙の特徴


武芸書・諸芸書の語彙                   島田勇雄

 一 対象の範囲

 二 若干の語彙の特殊性

 三 語彙体系

 四 文献的方法i伝授物ということ

 五 語彙体系


往来物語彙-敬語語彙を中心に                佐藤武義

 一 研究史

 二 往来物の頭語・結語の敬語語彙

 三 往来物の発信者・受信者の関係と結語の敬語語彙

 四 往来物尊敬語

 五 往来物謙譲語

 六 往来物丁寧語

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。