『講座方言学9九州地方の方言』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『講座方言学9九州地方の方言』

講座方言学


九州方言の概説 上村孝二

 一 研究史

 二 方言区画

 三 音韻

 四 アクセント

 五 文法


九州方言語彙 松田正義…・…三九

 九州方言語彙周圏的分布

 九州独特語彙分布

 主要地点間の一致

 九州方言の退化現象


福岡県方言 岡野 信子

 研究史

 方言分派

 音声

 文法

 語彙


佐賀県方言 小野志真男

 研究史

 県内の地域差(区画)

 音声音韻アクセント

 文法


長崎県方言 愛宕八郎康隆

 研究史

 県内の地域差(分派)

 長崎県方言音声生活

 文法


壱岐・対馬の方言 岡野信子

 はじめに

 研究史

 音声音韻アクセント

 文法

 おわりに


五島の方言 古瀬順一

 研究史

 県内の地域差(区画)

 アクセント音声音韻

 文法


熊本県方言 秋山正次

 研究史

 県内の地域差(区画)

 音声音韻アクセント

 文法


大分県方言 糸井寛一

 研究史

 県内の地域差(区画)

 音声音韻アクセント

 文法


10 宮崎県方言 岩本実

 研究史

 県内の地域差(区画)

 アクセント音声音韻

 文法

 語彙


11 鹿児島県方言 後藤和彦

 研究史

 県内の地域差(区画)

 アクセント音声音韻

 文法

 「東条操文例」の方言


12 種子島方言 瀬戸口修

 研究史

 島内の地域差(区画)

 音声音韻アクセント

 文法


13 九州方言国語教育熊本県八代市二見町方言資料として、ことばを見つめる指導 白石壽文

 一 はじめに

 二 学習指導例

 三 おわりに

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。