『論集日本語研究2アクセント』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『論集日本語研究2アクセント』

目次

〈概説〉

柴田武「日本語のアクセント」?             

川上蓁「アクセント」?

和田實「アクセント イントネーション プロミネンス」

金田一春彦「日本語のアクセント」?

解釈

服部四郎「音韻論から見た国語のアクセント」?             

川上蓁「「花高し」と「鼻高し」?――東京アクセント段階観の限界――」  

金田一春彦「日本語アクセント卑見」?

秋永一枝「佐柳アクセントの提起するもの」?

日下部文夫「拍から音節へ?――日本語におけるトネームの座とアクセント核――」

 〈実験音声学

日本語アクセントは高低アクセントか  イルジー・ネウストゥプニー

"おそ下り"考-動態測定による日本語アクセント研究  杉藤美代子

ピッチ・グラムで見た日本語アクセント         川上蓁

 〈特殊研究〉

文と文アクセント――イントネーション論 山口幸洋

同音語のアクセント 宮地裕

奥村三雄「漢語のアクセント」?

辞のアクセント 和田實

音韻アクセント――アクセント研究の意義 奥村三雄

アクセント調査法についての一実験 佐藤亮一

解説           徳川宗賢

アクセント研究参考文献  上野善道

執筆者一覧

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。