『論集日本語研究15現代語』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『論集日本語研究15現代語』

〈傾向〉

 吉田澄夫東京語の特色」

 中村通夫現代語の特徴」

 田中章夫語法からみた現代東京語の特徴」

資料

 飛田良文近代語研究資料

文法

 今泉忠義宮地幸一受身表現

 神田寿美子「現代東京語の可能表現について」

 金田弘東京語に於ける「れる型」敬語の性格」

 原口裕「「デス」の推移-活用語接続する場合」

 松村明「「ませんでした」考」

 古田東朔幕末明治初期翻訳文等における「X+アル」」

 野村雅昭近代語における既然態の表現について

語彙

 宮島達夫現代語いの形成」

 飛田良文明治以後の語彙の変遷

 池上禎造「漢語流行の一時期!明治前期資料の処理について」

 森岡健二現代漢語成立条件」

 進藤咲子漢語サ変動詞の語彙からみた江戸語と東京語

 山田巌「発生期における的ということば

音声その他〉

 小松寿雄「『一読三歎当世書生気質』の江戸語的特色」

文体

 山本正秀三遊亭円朝の人情話速記本とその影響」

表記

 勝本清一郎近代日本文学の曙」

 安本美典漢字の将来i漢字の余命はあと二百三十年か」


 土屋信一 解説

 土屋信一 現代語研究参考文献

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。